夜尿症とは?

夜尿症とはどんな病気か、皆さん知っていますか?

夜尿症というのは、わかりやすくいえば、おねしょのことをいいます。

おねしょというのは、寝ている間に知らない間におしっこを漏らしてしまうことをいうのですが、これは夜間のおしっこの量を膀胱に溜めておけないというバランスの問題で起きてしまいます。

よって体の成長中である小さな子供の場合、おねしょは致し方ないことでもあるということです。

産まれてまだ間もない赤ちゃんの場合、膀胱の大きさはかなり小さく、おしっこも昼も夜もなく作られることから、夜も何回もおしっこが出てしまいます。

二歳、三歳になってくると、大分膀胱の大きさも大きくなってきて、夜もおしっこを溜められる様になります。

よっておねしょの回数が減ってくる時期でもあります。

この時期におねしょが治る子も半数程度の割合でいます。

四歳、五歳くらいになれば、膀胱の成長も安定してきて、膀胱容量に対しておしっこが溢れ出すという様なことは無くなっていきます。

8割程度の子供はおねしょをしなくなります。

この時期に毎日おねしょをしてしまうという場合、体の生理的成長が十分ではなく、他のお子さんよりも遅れている可能性があります。

小学校に上がると、ほとんどの子供がおねしょをしなくなります。

1割程度の子供におねしょが見られると言われていますが、夜のおしっこをする時間をあけることが未発達であるのが主な原因であり、遺伝的な要因もあると言われています。